• MIho Kasuga

辻和良氏「「末摘花」という視点―根源からの揺さぶり―」

辻先生より拝受いたしました。ありがとうございます。

「古代文学研究第二次」第28号(2019年10月)所収の御論です。


辻先生のおっしゃる、「物語内に末摘花が、光源氏基準ではない新たな価値基準を提示している」ということは本当に重要だなと改めて思いました。そして、それは、光源氏にとって「否定しきれない行動規範」である一方で、光源氏がそれを理解できない、ということがとても大切なのだと思います。


以前、「『源氏物語』「朝顔」巻の光源氏」(「文学・語学」2015年12月)で「朝顔」巻における光源氏の女五の宮への違和感を始発として論じたことがあります。光源氏は皇族たちの美意識(それは必ずしも物語のなかで肯定的に描かれているわけではありませんが)を理解できない、ということが物語のなかで刻み込まれており、そうした点で、やはり光源氏の臣籍降下は非常に重い意味があったのだろうと考えています。


末摘花が、光源氏にとって「否定しきれない行動規範」、それにもとづく様々なことを持ち込むことで光源氏を揺さぶっていくという御論のご主旨に深く納得させられました。


*****

さて、初年次文章表現教育においての「」の使い方として、表題の付け方は「間違って」います。「『末摘花』という視点」とすべき、ということです。ちなみに、雑誌名の出典の示し方が「」なのも「間違って」います。

でも論文においては習慣的にこのように「」を使ってきました。どこかで修正すべきなのか、修正する必要がないのか、、考えてしまいます。



12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日の論文

中丸貴史氏「軍靴の響く場から「文学」を叫ぶ」(「日本史研究」700号 2020年12月) いただいてから時間がたってしまいました。反省。 「漢文学」を受講する学生の「観念をひっくりかえすのが筆者の仕事」が胸に響く1本。 はからずも昨日に続き、研究とは、文学とは、という根本を問い直すものでもありました。「社会との関わり方」「ミッションとしての教養教育」の節は、着任以降教養教育に従事してきた立場として

「文学・語学」232号

今号は「令和2年国語国文学界の動向」掲載。 まずは中古…と思いかけましたが、他の時代もちゃんと読もうということで、「上代韻文」から拝読しました。 まずは、そうか令和の発表の該当年か…という気づきがありました。 「拠って立つ方法論に自覚的であるべきこと」ということは時代を超えて考えさせられます。オンラインデータベースの存在が影響しているのではないか、というのもなるほどと 思いました。 オンラインデー

1年たちそうでした。

最後のブログから1年たってしまいそうでした。 対面とオンライン併用授業、新しくフェリス女学院大学での授業、引き続き國學院大學の オンデマンド授業の日々を過ごしています。 先日は、文章表現教育に関するシンポジウムを行い、多くの皆様にご参加いただきました。 とても刺激的で、これからの文章表現教育について自分でも考える機会になりました。 https://www.kaken-bunsho.com/ さて