• MIho Kasuga

秋学期がはじまりました。

オンライン授業で追われに追われた春学期が終わり、茫然とその振り返りを行い、そして秋学期がはじまりました。


結論から言うと、春学期の振り返りを得て、少しずつ順調に進んでいるのではないかと思います。


1)オンライン授業のメリット ・本来ならグループワークなどがなかなか行いにくい、大人数の授業でブレークアウトセッションがやりやすい

・再履クラスなどできめ細かな対話ができる


2)オンライン授業のデメリット ・学生の皆さんの顔が見えない

・同僚と会えずコミュニケーションがとれない


本日は演習発表をはじめて行いましたが、学生の皆さんが積極的に参加、展開してくださり、思いのほかうまく進んだことでほっとすると同時に感動しました。


この機会をうまく使用して、いい授業にしていきたいと思います。


13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

科研のホームページを更新しました。

季節はうつろい(毎回こんなことばかり言っているような気が…)、もう冬。 今現在私は、科研の分担者をしています。 詳細は以下のとおりです。 https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19K02896/ 今年は本来ならシンポジウムをしようと思っていましたが、このコロナ禍でほとんど 研究を進められずにいました。 しかし、それではいけない、ということ

授業の感想

現在、第4回の授業の課題のまとめを行っています。 國學院の学びの授業の課題、第4回よりぐっと理解の深まりを感じるものでした。 読みながらうならされる見解もありました。源氏物語の根幹にかかわる問いをいだき、深淵に近づこうとしている人たちがでてきている気がします。 また、論文を読む課題はとても大変だと思うのですが、 論文を読み味わい、それを本文に返すという営みができている人がではじめています。 オンラ

授業のふりかえり

本格的なオンライン授業が始まり、1週間と少しがたちました。いろいろと慣れず、どたばたしていましたが、少し振り返ることができるものはふりかえってみます。 1,國學院大學:國學院の学び 第1回 源氏物語の基本的事項と、聖代の問題について扱いました。 仁徳天皇の逸話を小池都知事が引用したことで、古典と現代がつながるものであることをはからずも体感することになったように思います。 延喜天暦の治の時代が準拠と