• MIho Kasuga

嵯峨景子氏『氷室冴子とその時代』①

嵯峨景子氏『氷室冴子とその時代』(小鳥遊書房、2019年)を読んでいます。大変読み応えがあるので、少しずつ報告していきたいと思います。

まず本日は1章、2章について。


第1章は「氷室冴子以前―文学と少女漫画の揺籃期」となっています。

この章で心に残ったことは、『ざ・ちぇんじ!』の執筆に「80冊の資料を使った」というコメントが紹介されていることです。古典文学作品、しかも『とりかへばや物語』という一筋縄ではいかない作品をアレンジするという着眼もさることながら、その背景に膨大な知識の蓄積があったことが改めてわかります。

また、折口信夫に傾倒していたという指摘も、『銀の海金の大地』(集英社)の熱烈な愛読者であった私には納得させられるものでした。

彼女の創作が非常に膨大なインプットから生み出されていたこと、それゆえに揺らがぬ屋台骨を持っていたことが明らかになっています。


第2章は「作家デビューから『クララ白書』まで」となっています。

この章で心に残ったことは、『クララ白書』について、「女子校の寄宿舎という設定を用い、氷室は女の子とが女の子でいられる究極の世界を作り上げた。そこは女の子が価値観や美意識を歪めずに生きることができる、解放区でもあった」(79頁)という部分です。

なぜ自分が氷室冴子の作品に熱狂したのか、ということの答えが書かれていたような気がしました。

また、この章には、徹底して音読して自分の文章を確認していたというエピソードも紹介されています。第1章、第2章ともに、嵯峨氏の丹念な資料の掘り起こしと読解により、氷室冴子のストイックな有り様が伝わってきます。


以後も楽しみに読み進めていきたいと思います。


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日の論文

中丸貴史氏「軍靴の響く場から「文学」を叫ぶ」(「日本史研究」700号 2020年12月) いただいてから時間がたってしまいました。反省。 「漢文学」を受講する学生の「観念をひっくりかえすのが筆者の仕事」が胸に響く1本。 はからずも昨日に続き、研究とは、文学とは、という根本を問い直すものでもありました。「社会との関わり方」「ミッションとしての教養教育」の節は、着任以降教養教育に従事してきた立場として

「文学・語学」232号

今号は「令和2年国語国文学界の動向」掲載。 まずは中古…と思いかけましたが、他の時代もちゃんと読もうということで、「上代韻文」から拝読しました。 まずは、そうか令和の発表の該当年か…という気づきがありました。 「拠って立つ方法論に自覚的であるべきこと」ということは時代を超えて考えさせられます。オンラインデータベースの存在が影響しているのではないか、というのもなるほどと 思いました。 オンラインデー

1年たちそうでした。

最後のブログから1年たってしまいそうでした。 対面とオンライン併用授業、新しくフェリス女学院大学での授業、引き続き國學院大學の オンデマンド授業の日々を過ごしています。 先日は、文章表現教育に関するシンポジウムを行い、多くの皆様にご参加いただきました。 とても刺激的で、これからの文章表現教育について自分でも考える機会になりました。 https://www.kaken-bunsho.com/ さて