• MIho Kasuga

大童澄瞳氏『映像研には手を出すな!』1~5巻

ずっと気になっていた全5巻。読了しました。


今回の事態、いろいろままならないこともありますが、普段できなかったことができたという小さな喜びを見いだしています。私の中で大きかったのは、本の購入をe-honにし、ご近所の小さな本屋さんを受け取り店にできたことです。


つい、インターネットで購入してしまうことも多かったのですが、きちんと本屋さんで買うシステムを自分のなかで作れたのは収穫でした。


そのなかで買ったのが『映像研には手を出すな!』です。

やっと読めた!

詳細は避けますが、個人的には「川」や「水路」にすごく惹かれるるので、芝浜高校の中に川があるという設定が最高でした。


大学は(大学だけではもちろんないと思いますが)、4月の段階でのまさに「仲間」づくりがその後の4年間の充実度と関わってくると言われています。仲間=学びの仲間ですね。学生同士とは限りません。教員と学生も学びの仲間です。

今年はそれができないというつらい事態になっています。


現在、オンライン授業のあり方を模索しています。

少しでも学生の皆さんと「仲間」になれるよう、考えていきたいと思っています。




5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

科研のホームページを更新しました。

季節はうつろい(毎回こんなことばかり言っているような気が…)、もう冬。 今現在私は、科研の分担者をしています。 詳細は以下のとおりです。 https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19K02896/ 今年は本来ならシンポジウムをしようと思っていましたが、このコロナ禍でほとんど 研究を進められずにいました。 しかし、それではいけない、ということ

秋学期がはじまりました。

オンライン授業で追われに追われた春学期が終わり、茫然とその振り返りを行い、そして秋学期がはじまりました。 結論から言うと、春学期の振り返りを得て、少しずつ順調に進んでいるのではないかと思います。 1)オンライン授業のメリット ・本来ならグループワークなどがなかなか行いにくい、大人数の授業でブレークアウトセッションがやりやすい ・再履クラスなどできめ細かな対話ができる 2)オンライン授業のデメリット

授業の感想

現在、第4回の授業の課題のまとめを行っています。 國學院の学びの授業の課題、第4回よりぐっと理解の深まりを感じるものでした。 読みながらうならされる見解もありました。源氏物語の根幹にかかわる問いをいだき、深淵に近づこうとしている人たちがでてきている気がします。 また、論文を読む課題はとても大変だと思うのですが、 論文を読み味わい、それを本文に返すという営みができている人がではじめています。 オンラ

Wix.comを使って作成されました