• MIho Kasuga

大童澄瞳氏『映像研には手を出すな!』1~5巻

ずっと気になっていた全5巻。読了しました。


今回の事態、いろいろままならないこともありますが、普段できなかったことができたという小さな喜びを見いだしています。私の中で大きかったのは、本の購入をe-honにし、ご近所の小さな本屋さんを受け取り店にできたことです。


つい、インターネットで購入してしまうことも多かったのですが、きちんと本屋さんで買うシステムを自分のなかで作れたのは収穫でした。


そのなかで買ったのが『映像研には手を出すな!』です。

やっと読めた!

詳細は避けますが、個人的には「川」や「水路」にすごく惹かれるるので、芝浜高校の中に川があるという設定が最高でした。


大学は(大学だけではもちろんないと思いますが)、4月の段階でのまさに「仲間」づくりがその後の4年間の充実度と関わってくると言われています。仲間=学びの仲間ですね。学生同士とは限りません。教員と学生も学びの仲間です。

今年はそれができないというつらい事態になっています。


現在、オンライン授業のあり方を模索しています。

少しでも学生の皆さんと「仲間」になれるよう、考えていきたいと思っています。




6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日の論文

中丸貴史氏「軍靴の響く場から「文学」を叫ぶ」(「日本史研究」700号 2020年12月) いただいてから時間がたってしまいました。反省。 「漢文学」を受講する学生の「観念をひっくりかえすのが筆者の仕事」が胸に響く1本。 はからずも昨日に続き、研究とは、文学とは、という根本を問い直すものでもありました。「社会との関わり方」「ミッションとしての教養教育」の節は、着任以降教養教育に従事してきた立場として

「文学・語学」232号

今号は「令和2年国語国文学界の動向」掲載。 まずは中古…と思いかけましたが、他の時代もちゃんと読もうということで、「上代韻文」から拝読しました。 まずは、そうか令和の発表の該当年か…という気づきがありました。 「拠って立つ方法論に自覚的であるべきこと」ということは時代を超えて考えさせられます。オンラインデータベースの存在が影響しているのではないか、というのもなるほどと 思いました。 オンラインデー

1年たちそうでした。

最後のブログから1年たってしまいそうでした。 対面とオンライン併用授業、新しくフェリス女学院大学での授業、引き続き國學院大學の オンデマンド授業の日々を過ごしています。 先日は、文章表現教育に関するシンポジウムを行い、多くの皆様にご参加いただきました。 とても刺激的で、これからの文章表現教育について自分でも考える機会になりました。 https://www.kaken-bunsho.com/ さて