• MIho Kasuga

大童澄瞳氏『映像研には手を出すな!』1~5巻

ずっと気になっていた全5巻。読了しました。


今回の事態、いろいろままならないこともありますが、普段できなかったことができたという小さな喜びを見いだしています。私の中で大きかったのは、本の購入をe-honにし、ご近所の小さな本屋さんを受け取り店にできたことです。


つい、インターネットで購入してしまうことも多かったのですが、きちんと本屋さんで買うシステムを自分のなかで作れたのは収穫でした。


そのなかで買ったのが『映像研には手を出すな!』です。

やっと読めた!

詳細は避けますが、個人的には「川」や「水路」にすごく惹かれるるので、芝浜高校の中に川があるという設定が最高でした。


大学は(大学だけではもちろんないと思いますが)、4月の段階でのまさに「仲間」づくりがその後の4年間の充実度と関わってくると言われています。仲間=学びの仲間ですね。学生同士とは限りません。教員と学生も学びの仲間です。

今年はそれができないというつらい事態になっています。


現在、オンライン授業のあり方を模索しています。

少しでも学生の皆さんと「仲間」になれるよう、考えていきたいと思っています。




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

雪の東京ですね。 今年は、しっかり論文を書く、それをとにかく目指していきたいと思います。 第一目標は2月にある私的研究会。そこでしっかり発表することです。 今は、学生さんのレポート分析をしています。 採点の祭典の最大級のものはすでに終了したので、研究モードにシフトチェンジです!

だい レポートの採点などで少し間があいてしまいました。 本日は届いたばかりの「日本文学」第70巻第12号から。 今井久代氏「古語「いとほし」について―恥ずかしい自分を見つめる目―」を読みました。 筆者には既に「青表紙本系『源氏物語』の全386例」を調査された先行研究があり、それをさらに発展されたものとなります。 形容詞の扱いは難しい、と思ってしまいます。 筆者も「いとほし」について述べられるように

週末、レポートチェック、授業準備と論文を読むことが滞っております…。 それでも手を動かしたいとき用に、今まで書いた論文の再校正を少ししました。 さて、今日は授業で「若菜上」巻あたりの話をしたのですが、紫の上の話をしていて、 こみあげるものがあるのをこらえる、という状況が何回もあり、自分でもびっくりしてしまいました。 そもそも『源氏物語』の何が好きって紫の上が好き。と言えるような状況だったのですが