• MIho Kasuga

夕霧の純情

現在、授業で、「平安時代の結婚」について扱っています。

特に夕霧と雲居雁について確認しています。

ふたりが恋におちた経緯から、現在、内大臣に許可をもらっていよいよ雲居雁のお部屋にいく、というところまで読みました読みました。

学生の心にヒットする場面としては、内大臣の邸にいく夕霧の衣装について、光源氏が気にしているところに「あの光源氏が!」と思うようです。

わかります、私もそう思います。


夕霧と雲居雁が結ばれることがわかって学生たちもほっとしたようですが、

このあと藤典侍とのことを確認したらどう思うのでしょうか……

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日の論文

中丸貴史氏「軍靴の響く場から「文学」を叫ぶ」(「日本史研究」700号 2020年12月) いただいてから時間がたってしまいました。反省。 「漢文学」を受講する学生の「観念をひっくりかえすのが筆者の仕事」が胸に響く1本。 はからずも昨日に続き、研究とは、文学とは、という根本を問い直すものでもありました。「社会との関わり方」「ミッションとしての教養教育」の節は、着任以降教養教育に従事してきた立場として

「文学・語学」232号

今号は「令和2年国語国文学界の動向」掲載。 まずは中古…と思いかけましたが、他の時代もちゃんと読もうということで、「上代韻文」から拝読しました。 まずは、そうか令和の発表の該当年か…という気づきがありました。 「拠って立つ方法論に自覚的であるべきこと」ということは時代を超えて考えさせられます。オンラインデータベースの存在が影響しているのではないか、というのもなるほどと 思いました。 オンラインデー

1年たちそうでした。

最後のブログから1年たってしまいそうでした。 対面とオンライン併用授業、新しくフェリス女学院大学での授業、引き続き國學院大學の オンデマンド授業の日々を過ごしています。 先日は、文章表現教育に関するシンポジウムを行い、多くの皆様にご参加いただきました。 とても刺激的で、これからの文章表現教育について自分でも考える機会になりました。 https://www.kaken-bunsho.com/ さて