• MIho Kasuga

佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美



10月末から奈良国立博物館の正倉院展、京都国立博物館の佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美、東京国立博物館の正倉院展と、続けて見てきました。

特に佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美は、どうしても見たいと思っていたので、とてもうれしかったです。20時まで開館の日を選び、人の減ったであろう18時過ぎにいったところ、一枚一枚の絵をじっくり見ることができました。

和歌の内容と歌仙たちの表情が連動して描かれていること、ひとりひとりの表情が違うこと、表具も趣向を凝らされていること、分割のいきさつ… そのすべてが見る人の心をとらえるものであることを実感しました。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

科研のホームページを更新しました。

季節はうつろい(毎回こんなことばかり言っているような気が…)、もう冬。 今現在私は、科研の分担者をしています。 詳細は以下のとおりです。 https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19K02896/ 今年は本来ならシンポジウムをしようと思っていましたが、このコロナ禍でほとんど 研究を進められずにいました。 しかし、それではいけない、ということ

秋学期がはじまりました。

オンライン授業で追われに追われた春学期が終わり、茫然とその振り返りを行い、そして秋学期がはじまりました。 結論から言うと、春学期の振り返りを得て、少しずつ順調に進んでいるのではないかと思います。 1)オンライン授業のメリット ・本来ならグループワークなどがなかなか行いにくい、大人数の授業でブレークアウトセッションがやりやすい ・再履クラスなどできめ細かな対話ができる 2)オンライン授業のデメリット

授業の感想

現在、第4回の授業の課題のまとめを行っています。 國學院の学びの授業の課題、第4回よりぐっと理解の深まりを感じるものでした。 読みながらうならされる見解もありました。源氏物語の根幹にかかわる問いをいだき、深淵に近づこうとしている人たちがでてきている気がします。 また、論文を読む課題はとても大変だと思うのですが、 論文を読み味わい、それを本文に返すという営みができている人がではじめています。 オンラ